〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10-29パークサイドビル栄9階
名城線「栄」駅から徒歩3分

受付時間
9:00~21:00
定休日 
なし

ご予約・お問い合わせはこちらへ

052-253-8826

刑事事件・逮捕

刑事事件は突然に起こります。刑事事件に巻き込まれてしまった場合には非常に困惑することでしょう。

警察に容疑をかけられてしまった、ご家族がいきなり逮捕されてしまったなどの場合、どのように対処していいのか分からないのが通常です。

しかし、刑事事件は時間との勝負でもありますので、適切に対処する必要があります。

このような場合に我々弁護士の役割があります。

刑事事件は弁護士のみが扱える分野であり、専門家である弁護士に相談し、手続きの流れの説明や適切な対処方法のアドバイスを受ける必要があります。

刑事事件に巻き込まれるということは一生に一度あるかないかの方がほとんどです。

その精神的なストレスは相当大きなものと思われます。

 

そのような場合でも、弁護士に相談し、解決への道筋の説明を受けることができれば精神的なストレスも緩和されるものと思われます。ここに我々弁護士の存在意義があると思っております。

刑事事件の流れ

無料相談・初回接見

弊所ではお客様に安心してご相談して頂けるように初回相談は無料にて承っております。

また、弁護士による初回接見も承っております(2万円)。

相談時に詳しいお話しを聞き、今後の刑事手続、刑事弁護活動等について詳しい説明させて頂きます。

最後に費用の説明をさせて頂き、ご依頼の場合には契約書を締結します。契約締結後、事件着手をします。

接見・示談・公判活動

ご契約後、状況に合わせて弁護活動をスタートします。逮捕勾留されていれば接見とをしてご本人と詳しい打合せをします。在宅事件でたとえば痴漢事件等の場合には被害者様と示談活動をして不起訴を目指します。また起訴されてしまった場合には弁護人として公判活動をしてできるだけ刑が軽くなるように活動します。

弊所の弁護士は報道されているような著名事件を数多く弁護した経験があります。

安心しておまかせ下さい。

事件終了

事件の内容に合わせて、事件終了のパターンは変わってき舞う。例えば少年事件の場合には家庭裁判所での審判が終了時となります。成人の場合でも、示談等をして不起訴になる場合もあれば裁判をして判決を受けることもあります。

弊所弁護士は事件内容に応じえ適切なサポートや説明をさせて頂きます。

ご依頼者様が少しでも有利になるように活動しますので安心してご相談ください。

刑事事件の料金表(税抜表示)

着手金 20万円~
成功報酬 20万円~
日当(接見、日当) 1万円

刑事事件の解説

示談をしたい

被害者が存在する犯罪では、示談することが非常に有効です。

被害者が警察に被害届等を提出する前に示談ができれば、刑事事件になることを阻止することができます。

また、刑事事件として立件された後でも起訴される前に示談できれば不起訴になる可能性があります。

親告罪では、示談をし告訴を取り消してもらえれば確実に不起訴となります。

強制性交等罪、強制わいせつ罪は現在は親告罪ではなくなりましたが、被害者との示談が重要であることは変わりません。被害者と示談をすることによって不起訴になる可能性は高いといえます。

初犯の盗撮や痴漢等の迷惑防止条例違反は親告罪ではありませんが示談ができればそのほとんどが不起訴となります。

さらに、起訴された後でも、示談が成立すれば、保釈も認められやすくなりますし、執行猶予が付される可能性が高くなります。

 

このように、どの段階においても示談は有効な弁護活動となりますので、できるだけ早く専門家である弁護士と相談されることをお勧めします。

逮捕されてしまった

逮捕されると、48時間以内に検察庁に送致され、そこから24時間以内に裁判所に行き勾留質問を受けるという流れになります。

これは勾留をするか否かの手続きになります。

勾留されると、まずは10日間、延長されるとさらに10日間身柄拘束される可能性があります。

検察庁では検察官の取り調べを受けて検察官は勾留請求をするか否かの判断をします。

検察官が勾留請求をすると、今度は裁判所に行って裁判官と面談し、裁判官は勾留をするか否かの判断をすることになります。

つまり、検察官は勾留を請求し、実際に勾留するか否かの判断をするのは裁判官になります。

逮捕された段階で弁護士に依頼することができた場合には、勾留される前に検察官や裁判官に意見書等を提出し、勾留しないよう働きかけることができます。

また、勾留決定された場合には準抗告という不服申立てもすることができます。

 

当然、事案により、釈放される可能性は変わりますが、できるだけ早く弁護士と相談することが肝心です。

不起訴にしてほしい

逮捕されている事件でも、逮捕されていない在宅事件でも、一定期間後に検察官が起訴するか不起訴にするかを判断します。

不起訴になれば前科はつかないことになりますので、この段階に不起訴になることは非常に重要です。

ただ、一概に不起訴と言っても、否認している事件と認めている事件では弁護活動は異なります。

また、認めている事件でも犯罪の内容によって弁護活動は異なります。

例えば、否認している事件では、嫌疑不十分による不起訴を目指すことになりますので、取り調べにどのように対応するかが非常に重要になります。

供述調書に署名押印することを拒否したり、黙秘権を行使するなどして、不起訴を目指すことになります。

これに対して、罪を認めている事件の場合には、反省を示しつつ被害者と示談するなどして、起訴猶予による不起訴を目指すことになります。

罪名によっては、法的な被害者が実態とかけ離れている場合がありますので、示談する際にはどの人と示談すれば効果があるのかも判断しなければいけないので注意が必要です。

また、被害者がいない犯罪については贖罪寄付、通院、カウンセリング等、示談以外の選択肢も考えなければいけません。

 

このように一口に不起訴といっても多様な判断が必要になりますので、専門家である弁護士に相談することが重要です。

保釈して欲しい

逮捕勾留されたまま、起訴されてしまうと、起訴後の勾留に切り替わります。

そうなると、裁判が終わるまでは引き続き身柄拘束されてしまうことになります。

ここで、保釈という制度があります。

保釈とは、保釈保証金を裁判所に預けて裁判が終わるまで釈放してもらう制度です。

保釈保証金は戻ってきますが、逃げたり、証拠隠滅をしたり、保釈の条件に違反すると没収されることがあります。

刑事裁判は終わるまでに1月以上かかってしまうことが多いので、保釈が認められるか否かは非常に重要です。

保釈にも要件がありますので、専門家である弁護士とよく相談し、身元引受書等を添付して請求することが重要です。

執行猶予を付けたい

裁判を経て判決で執行猶予が付された場合、刑務所にはいかなくてよくなります。

例えば懲役1年6月執行猶予3年の判決がされた場合には、3年間何事もなく過ごしていれば、刑務所にいく必要はなくなります。

逆に執行猶予が付かなく刑務所にいくことを実刑といいます。

執行猶予が付くかつかないかは非常に大きな問題であるとお分かりだと思います。

執行猶予を目指す活動としては、基本的に不起訴を目指す活動と同じになります。

反省文を書いたりして反省を示しつつ、被害者がいれば、示談をしたり、ご家族に情状証人として出廷してもらって、今後の監督を約束してもらったりします。

このような事情を示しつつ、執行猶予を付すよう裁判官に訴えることになります。

事案の内容によっては執行猶予が付かない事案もありますし、法律上、執行猶予が付かない事案もありますので、その場合はできる限り軽い刑を目指すことになります。

なお、執行猶予中の犯行でも、再度執行猶予が付く場合がありますので、諦めずに、まずは、専門家である弁護士に相談されることが重要です。

控訴したい

執行猶予を目指していたが実刑になってしまった。

実刑は覚悟していたが予想していたより重すぎる。無罪を主張していたが有罪になってしまった。

このような場合、被告人には控訴する権利があります。

刑事裁判は一審が重要視されます。

そのため控訴審は一審よりも、提出できる証拠が制限されたりと、不自由なところが多いのが実際です。

ただ、不自由だからこそ専門家である弁護士と相談し、できる限りの弁護活動を受ける必要があります。

控訴審のサポートもしておりますので、ご相談ください。

弊所に依頼するメリット

弊所弁護士は、弁護士登録当初から刑事弁護に熱心に取り組んできた弁護士です。

また、刑事弁護の解決実績も豊富であり、著名な事件にも取り組んできました。

粘り強い弁護には自信があります。

また、弊所では入管事件も専門的に扱っており、特に外国人事件では入管ビザも見据えた刑事弁護活動が可能です。

是非一度ご相談下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

052-253-8826
受付時間
9:00~21:00
定休日
なし